028 ケイゾク?

退職宣言その後。

ありがたいことに、現場のお客様は

会社を辞めてもこの仕事は続けたらいいのに、と

おっしゃってくださいました。

 

しかし、わたしの東京計画はすでに

かなり盛り上がってしまっていたので

大阪に残る選択肢は全くありませんでした。

そうしたら、お客様はなんと

「東京で今までの仕事をやればいいんじゃない?」

というプランを出してくださったのです。

 

いやーそれは無理でしょう…と思いましたが

よく考えてみれば、わたしの仕事の大半は

黙々とパソコンに向かうか

画面上で先方と同じデータを眺めながら

お客様や、お客様のお客様と

電話でお話しするようなスタイル。

 

だったら、どこにいたってやれるんじゃないか。

 

だけど、わたしは踏み切れませんでした。

 

広告を非表示にする