読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

032 イメトレ

東京で同じ仕事を続けてみないか、という

思わぬ提案に、わたしはたじろぎました。

つらくてつらくて会社を辞めることにしたけど
チームのマネージャーとしてではなく、
ただ、ふつうの、ひとりのワーカーとしてなら
同じ業務でも、辛くなく働けるのだろうか?

 

とにかく、試してみるしかない。
そういう立場になった『てい』で。
イメージトレーニングがはじまりました。

 

まず驚いたこと。それは、わたしが常日頃、
メンバーの業務上の会話、電話の内容を無意識的に
凄く細かいレベルでチェックしていたことです。
いやな言い方だけど、それは監視そのものでした。

 

「はあ、でもこれはもうしなくてよくなるのか」

 

メンバーが急な家の用事で帰宅したり
朝遅れたりしても、わたしがチームとして
フォローする必要はなくなります。

 

「あ、これもやんなくていいんだ」

 

そしてはたと気づいたのです。

「変な感じ。なんか自分のことだけだと
スカスカになるんだな」

 

やることやってない感、がすごくあったのです。
でも、もし続けるとしたらあんたの仕事は
こうなるのよ、と自分にいいきかせます。

 

ぞくぞくっと、不安に襲われました。
スカスカな自分、への不安。
こんなの、仕事してるうちに入らないんじゃないか。
こんなんじゃ評価されないんじゃないか。
言葉には出さないけど、態度にはかっちり出る
上司の反応が脳裏をよぎります。

 

あー、、自分が超えないといけないのは
この不安か。。。

 

決断のタイムリミットは近づいていました。
超えられるかはわかんないけど、
その対象がはっきりわかったことで
よし、やってみるかという気持ちになり
お話をうけることにしました。

 

さあ、いよいよ時間がない!
なんの時間?

 

会社をきめなければ!

 

広告を非表示にする