050 一年半での変化

わたしの治療的生活は、身体と心の両面で

おこなわれました。

 

身体の面では、俗にいう、脱ステ。

副腎皮質ホルモンの外用と内服をやめることです。

2年と少したったいま、ステロイドも非ステロイドも、

飲み薬のたぐいも、すべてやめています。

(例外として、抗ヘルペスウィルス剤だけは持っています)

 

安易に人に勧めるつもりはないけれど、

脱ステして本当によかったと思っています!

 

そして、心のほうは、

『なぜ苦しいのが分からないけど、とにかく苦しい』

そんな状態から、少しずつ自分のことを知り、

その過程で、自分の疲れ果てたこころを

じっくりと時間をかけて再生させていきました。

これは本当に、素晴らしい体験になりました。

 

駆け抜けた怒濤の18ヶ月、わたしを支えてくれたもの。

ひとつずつ、感謝をこめて記したいと思います。