053 四つの柱 その2 大人の成長塾&シンクローム つづき

『大人の成長塾』をうけて驚いたことは
アーユルヴェーダの世界観に近かったことです。

ヴェーダの要素を意識して組み込んだというよりは
生命の本質に迫ったら、結果として凄く似てた、
というのが実態ではないかと思います。

 

わたしの思う成長塾の素晴らしい点は、
形而上学的な世界と物質的な世界を
分け隔てなく扱っているところです。
これは良いというか、もはや貴いことです。

 

昨年、実際にお会いする機会がありましたが、
先生はいわゆる『スピリチュアルな人』ではなく
ただ、人が、この世界が、物質的なことだけで
成り立っているのではない、ということを
サラッと教えてくれる方だと改めて思いました。
そこには、飛びつきたくなるような物語はありません。

ライトも当てません。盛りません。
この世界の理として、ただ扱う。
特別じゃない。すごくない。
そもそも、そういうものですよ、と。

(ね。いまどきいないですよ、こんな先生。
1年で12000円とか、もうほんと色々と心配になる。笑)


そんなユニークな先生のもう一つの活動が
『シンクローム』という遠隔のエネルギー調整です。

 

遠隔?エネルギー??
うわーそりゃさすがにインチキだろー!

 

思うでしょ?思うよね?
わたしも思った(笑)


貴重な?体験談は、次のポストで。